スタッフブログ

2014年10月27日 月曜日

経営者のための退職金~小規模企業共済~

【1】 加入対象者は...
加入できるのは、常時使用する従業員が20人以下(サービス業は5人以下)の個人事業主やその経営に携わる共同経営者、会社等の役員です。

【2】 掛金全額を所得控除できる
掛金月額は1,000円から70,000円までの範囲で500円刻みで自由に選べます。この掛金は税法上、掛金全額を契約者個人の所得から控除でき節税できます。

【3】 掛金は前納でき割引がある
掛金は前納できます。そして前納月数が12か月以内であれば、掛金全額を前納した年分の所得控除額とすることができます。
また、掛金を前納した場合には割引があり、前納掛金に対して一定割合の前納減額金を受け取ることができます。

【4】 その他
共済金の受取は、「一括受取」・「分割受取」及び「一括受取と分割受取の併用」(分割受取を利用の場合一定の要件あり)が可能です。
また、加入者には低利の貸付制度(担保、保証人不要)があります。

----TAO税理士法人オフィスニュースより----


カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31