スタッフブログ

2014年6月25日 水曜日

現金管理は会計処理の基本です

1.現金管理の手順

 ①入出金は、必ず領収書や請求書などの証憑書類をもとに行なう。
         ↓
 ②入出金の都度、会計ソフトへの入力又は現金出納帳への記帳を行なう。
         ↓
 ③現金の実際の残高に基づき、現金収支日報(金種表)を作成する。
         ↓
 ④現金の実際残高と帳簿残高を照合する。
         ↓
 ⑤実際残高と帳簿残高一致しない場合は、原因を解明する。


2.現金管理のポイント

 ①会社のお金は金庫に、社長個人のお金は財布にとお金を厳格に区別する。
 ②社長以外の現金管理責任者を置き、社長は現金の受払いをしない。
 ③金庫内には私的な現金や書類を入れない。
 ④金庫内の現金残高は少額にして、集金や現金売上による入金などの余分な現金は銀行に預ける。
 ⑤水道光熱費等の公共料金は、自動振替にする。
 ⑥交通費や立替払いなどの社内精算ルールを決める。
 ⑦支払は領収書、精算書など証憑書類をもとに行なう。
 ⑧入出金の都度、会計ソフトへの入力又は現金出納帳への記帳を行なう。
 ⑨1日1回入出金の無かった日も、金種ごとに残高を合わせ、現金収支日報を作成する。
 ⑩現金残高が不一致の場合には、その日のうちに原因を調べる。

----TAO税理士法人オフィスニュースより----

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31