スタッフブログ

2014年5月20日 火曜日

中小企業の少額減価償却資産の損金算入の特例

中小企業の少額減価償却資産の損金算入の特例が2年間延長されました。

青色申告である中小企業・個人事業者が、パソコンやエアコン等の少額(取得価額が30万円未満)な減価償却資産を取得し事業供用した場合に、その全額を損金算入することができる特例の適用期限が平成28年3月31日までに延長されました。

この特例は、対象となる設備の種類に制限はなく、中古品でも適用が可能です。
ただし、一事業年度において取得価額の合計額が300万円に達するまでが対象となります。

----TAO税理士法人オフィスニュースより----

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31