スタッフブログ

2013年7月26日 金曜日

流しそうめん

その昔、暑い夏の野良仕事の際に、青竹と岩清水を使い食したのが始まりだと云われ、それを昭和34年当時、高千穂(宮崎県)の某社長が初めて商業ベースに乗せたのです。=千穂峡サイトより=

夏の風物詩と言われ、誰もが知っている流しそうめんですが、その発祥や由来ははっきりしません。


さて、ここは決戦の場。
下流には、麺がなかなか流れて来ません。






















油断しているといきなり流れてきてキャッチしそこね。
利き手を下流側にして立つのがコツですね。
右側のピンクのお嬢さん、正解です。
その向こうの男子二人、全く逆です。

















虎視眈々と上流を監視しながら食べる。

















そして、食べながら、次の獲物もゲット!






















気づいた時にはとてつもなくお腹いっぱい。
あたりが暗くなったころ、最後に流れてくるのは。。。?





















なんか「光ルおもちゃ」が流れてくる!
子どもたちは大熱狂!!



たのしい、人が集まる、盛り上がる。これは商売になる!
とピンとくる人がいて、それを上手に商業ベースに乗せる人がいて、全国に広がって、日本の季節の風物詩にまでなる。

小さなひらめきが成功に繋がるって、スゴイことですね。
(残念ながら、特許を取っていなかったそうですが。)

(R.M)

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31