スタッフブログ

2013年5月10日 金曜日

教育資金の一括贈与の非課税措置

最近、特に感じるのは、街の中でお腹を大きくした女性に出会う機会が極端に減ったことです。
ごくたま~にお会いすると嬉しくなり、元気な子を生んで下さいと祈るばかりです。

今年の税制改正で教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置が出来ました。内容の詳細は省略しますが、この法律は何故出来たのか、税制改正大綱には次のような記載があります。

「60歳以上の世代が資産全体の6割を保有する中で、こうした資金を若年世代に移転させるとともに、教育・人材育成をサポートするため、子や孫に対し行われる教育資金の贈与について一定の額を非課税とする措置を講ずる」

また、この法律は、27年12月31日迄の時限立法です。何故、時限立法なのか、不公平ではないのか、金持ち向けの優遇税制ではないか等、色々批判もあります。私もある面確かにそう思います。

でも、立法の趣旨とは異なりますが、27年12月31日迄の間に赤ちゃんを生もうというきっかけに若いご夫婦がなってくれたらいいな、その間の出生率が上がるといいなと思っています。

(Y.T)

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31