スタッフブログ

2012年11月 9日 金曜日

講演会

久しぶりにM氏にお会いした。セミナーの講師依頼です。

バブル崩壊後の株式市場において、市場が下落した後、落ち着きを取り戻すと評論家諸氏が株価底入れ宣言をする。しかしM氏の悲観的なレポートが出ると再び市場の下落が始まる。こういう状況が幾度となく繰り返された。そのうち、経済評論家や投資家の間では、いつM氏のレポートが出てくるのか戦々恐々の状態が続くことになった。批判が続出、しかし、ひるまずレポートを出し続けた。その後はご承知の通り、彼の主張が正しかったことが証明された。

リーマンショックが勃発、強気のレポートを出していた後だけに批判が集中しましたが、殆どの人達が予測不可能な状況だったことです。それでも、これまで主張に敗れた方々が一斉に批判し始めました。

常に主義一貫、千万人と雖も吾往かんの姿勢が、私は大好きです。1月には講演会でご紹介できそうです。どんな内容になるのか乞うご期待!

(T・M)

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31